次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

2016年の強力打線はどうして生まれたか?

ノンカテゴリ

2016年の強力打線はどうして生まれたか?
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

マシンガン打線の再来

1年通してチャンスに強かった打線

昨年と正反対に、マシンガン打線の再来といわれる強力打線が完成した。ホームラン数最多の長打力、足を使った機動力、それに加えていったん流れを呼び込むと大量点に結びつける集中力、いずれも今年のカープ打線の特徴としてあげられる。解説者は「ニシキゴイ打線」と評した。

逆転のカープ

後半戦にドラマが待っていた

今年の広島は「逆転のカープ」と呼ばれた。先取点を取られても後半必ず引っくり返すという信頼関係があったようだ。先発投手陣が試合をつくり、勝利の方程式といわれるリリーフ陣がいたことも大きな要因だったが、ここぞという場面で勝利をよびこむ打線のつながりと大量点に結びつける集中力は見事であった。

9回菊池の同点打、大逆転

沢村から大逆転勝利の巨人戦

8月25日、マジック18とした巨人戦も壮絶な試合だった。4-0でリードされていたこの試合、じりじりと追い上げ、9回のクローザー澤村から3点を取って大逆転した試合は、典型的な「逆転のカープ」を象徴する試合となった。一度は4.5ゲーム差まで追い上げられてから、再度突き放し、独走してゴールインすることとなる。

異例の打撃コーチ3人態勢

石井琢朗コーチ中心のトロイカ体制の成功

2016年の広島は、異例の打撃コーチ3人体制をとった。守備・走塁コーチだった石井琢朗コーチを主任打撃コーチに抜擢し、迎コーチと東出コーチがそれを補佐した。石井コーチは、キャンプ中からミーティングを重ね、選手の意識改革に成功した。特に新しいことはない基本の再確認と徹底が打ち出された方針だったが、この方針の浸透により、相手が嫌がる強力打線ができあがった。

新クリーンアップ

精神的支柱の新井

3番丸、5番鈴木誠也は不動となり、4番はチーム事情から、新井、ルナ、エルドレッド、松山らが交代で務めたが、打線の、そしてチームの精神的支柱だったのが新井だった。タナ・キク・マルの3人が定着し、5番の鈴木誠也の開花も大きかった。エルドレッドですら、ときには下位打線にすわり、切れ目のない恐怖の打線ができあがった。その結果が、打率・打点・ホームランが12球団トップ、86勝のうち43試合が逆転勝利という素晴らしい実績だった。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう